訂正と小ネタ

1_202010202315491f0.jpg


今日は踏破関係無い小ネタ回。

いつもならスルー推奨するんですけど
今回は1個訂正があるので
出来れば読んでいってください。




前回の記事のコメントで重要な情報を頂きました。


属性デバフ&属性攻撃が効果が出ていないように
見えて実は出ているという話。

つまりは青ダメ表記になっているけど
火力は上がっているということ。



実際に検証してみました。



場所は現在開催中の所属限定戦10。

多分10-1と全く一緒。


使うキャラはドルマ伝授v1ミーム。

ミームの岩スキルは固定ダメージ系で
加算バフの影響を受けないという特徴があります。

乗算バフかchainバフが乗らない限りは一定。



雑魚敵にスキル発動で158139

ボスに発動で63255


10-1ボスはダメ6割減ですね。

というかおそらく10階全部だと思う。

まあこれは今回の話とは関係なし。



打ロロの炎属性付与バフだけかけます。

当然chainは外す。


ボスに発動で41116

63255×0.5(属性耐性分)×1.3(乗算30%バフ)=41115.75


ここにロロの属性デバフを加えて88399

41115.75×2.15(属性デバフ)=88398.8625



元のダメが63255ですからしっかり効果が出てました。

大体40%アップしてますね。

ロロでバフをかけずに属性武器を装備した場合でも
属性デバフをかければダメ微増します。


ということで属性デバフが実質雑魚waveでしか
効果を発揮できないというのは大嘘でした。

間違ったことを書いてしまい申し訳ないです。

青表記に騙されてはいけない。



一応気を付けてはいますけど
同等、もしくはこれより大きな間違いを
今までも結構書いているはずです。

これが検証ブログと名乗らない理由のひとつですね。

めちゃくちゃ適当なんですよ。




今回の属性デバフの話はコメントを貰う以前から
どこかの書き込みで2、3回得ていた情報です。

それを読むたびにへぇ~と思いつつ
確認せず流しちゃっていたんですよねー

そしてすぐに忘れるという...


なのでもしこのような勘違いをしていると
まずい事柄を当ブログで確認しましたら
遠慮なくコメントで指摘してもらえると助かります。

ということで名無しさん
有益な情報ありがとうございました。















2_202010202315508a3.jpg


ストックしていた小ネタをもう1個。




今月の黄昏で私は10-3に苦労してしまいました。


原因はミシディアとマリナの遠隔攻撃。

遠距離キャラが高確率で即死するので
当たらない回を引く運ゲーになっていた。

そこで遠距離キャラ、というか低HP低防御の
キャラを守る方法が無いか考えていたんですよ。


すぐに思い付いたのはバリア。

対ミシディアの殲滅の手段として
ヒザルビン伝授を試して全く意味がなかった回が
ありましたが、防御は完全にハマっていた。

1人に集中すると厳しいけど
分散すれば全部1ダメで切り抜けられる。


ヒザのスキルは2マナで重めなので
他にも優秀なバリアが無いか探してみました。





チェック方法は防御補正0のキャラに
バリアを張ってシルヴァ究極2waveの
アルドラの超必を食らいます。



防御補正0バリア無しだと32400

基本は即死攻撃です。



ヒザバリア後8100

脅威の75%カット。

2マナだけあってさすがに効果が高い。



1マナ、2マナダメ&バリアの
大半のキャラのバリアが31139


バリエナとアルベドのバリアが28617

手持ちだとこれが最も効果が高い。

バリエナは1マナで1枚、アルベドは3枚なので
アルベドが通常バリア最強キャラでしょう。



これを見るとヒザのバリアの異常さが伝わると思います。

ヒザ以外のバリアなんて
ほとんど機能してなくね?と思ってしまう。




バリア以外のダメ軽減法と言えば歌。

防御系の歌と言えばファルリンですよね。


レジェファルリン防バフ中31518


昔はものすごく堅くなれた記憶がありましたが
確かめてみると大したことはない。

でもファルリンの場合は歌が発動している間は
ずっと軽減してくれるわけです。

ほんのちょっとの差しか無いなら
歌の方が圧倒的に効率がいいのでは...?
















3_202010202315516f9.jpg


場所を変更。


究極メルティの斧兵からダメージを受けます。

実はバリアは対高ダメよりも
中ダメくらいの方が効果が分かりやすい。



防御補正0で9720

ファルリン歌中8838

アルベドバリア5937


こうやって見ると差は歴然ですよねー

ファルリンの歌の効果は防atk7%
アルベドのバリアは防atk30%

そりゃあ差が生まれて当然。




ここで防atk?%ってどういうこと?
という疑問を持つ人もいるはず。

ヒザの75%カットと何が違うのか?


スフラトゥスのatkは12614

防atk7%のファルリンを使うとすると

12614×7%=882.98


この値を受けるダメージから軽減するというものです。

防御スキル系の大半がこの形。


75%カットのヒザのスキルの場合は
受けるダメージをそのまま75%カット。

この場合なら被ダメ2430ということになりますね。

結束サブバフ加算バフ等組み合わさって
初めて1ダメが実現できる...のだと思う。





さて話を戻します。


バリアは数枚しか張れないけど高い効果。

歌は効果が低いけど長時間。

じゃあこの2つ被せれば強くね?と思ったわけですよ。



歌→バリアと繋いで4677

しっかり重複していますし
バリアが33%になっているのでchainも乗る。

ただ2マナ使っていますから本末転倒。




場所を究極シルヴァに戻します。

スキルでなんとかならないとするなら
防御を直接上げたらどうなるのか。


サブに絆サブ4%と2%を入れて30481


1マナatk10%バリアで31139なので
それを上回る効果。

高いダメージに対しては特に防御が刺さるようです。




結論、低HPのキャラを守りたいなら
とにかく防御を上げるべき。



スキルに頼る前にまずは全力で防御を上げよう。

絆サブ、サブバフ武器、防御アップ武器、
防御絆など結束以外でカバーできる部分はある。

もちろん10-3までにサブをしっかり残しておくのと
防のある結束を組むことも重要。

まあ至極当たり前のことだけども。


最大まで上げてからバリアやバフが加われば
あの憎き遠隔攻撃から守れるかもしれません。

どうにもならなきゃヒザでバリアか無敵。

ラザフォ接待ならマナに困らないし
2マナくらい捻出できるっしょ。






実はチェンクロ歴7年目にして
初めて防バフと向き合いました。

調べりゃすぐに分かることだったんだけど
苦手意識からやけに難しく考えてしまっていて
調べる気が起きなかった。

もっと早く向き合えば良かった。


こんなにも長くプレイしているのにもかかわらず
まだまだ知識は浅いです。

キャラの強弱くらいしか分かりません。

あまりにも感覚でプレイしすぎていた。

チェンクロについて読者と一緒に学んでいく
というスタンスでいきますね。


次に学ぶとしたら火力面ですね。

まだ疑問点がちょこちょこあるので。

それはまたいつか気が向いた時にでも。




次回はおそらく踏破終了後。

内容は未定。



では。


↑よろしければクリックおねがいします。

コメント

非公開コメント

No title

分かりやすい検証どうもです
ちぇんらじでロロが属性付与って聞いた時
心底最初はガッカリしましたから実用的だと確認出来て安心しました
この事実はロロ以外でも活きてくるかもしれませんね
現状弱点と属性が同時に付与出来るロロが一番恩恵大きそうですが

防御面は確かに自分も甘くみてました
パーティ崩れる時は後衛事故死が多いですもんね
絆も見直してみようかな

Re: No title

危なく属性について誤った認識を広めるところでした
こちらこそありがとうございますm(_ _)m


古いタイプの後衛は防補正が相当低いので
工夫して使う必要がありますね
黄昏でどうしても使わなければならないこともあるからなぁ

何気に絆のただの攻防アップに優秀なものが
紛れていたりするのでチェックしてみるといいかもしれませんね